しもきた商店街
友だち追加数

しもきた商店街は下北沢駅北口前を中心として、カフェや古着、雑貨屋、美容室などオシャレなお店が多くあるエリアです。

HOME > 行事・イベント > 気仙フェア > 気仙フェア2014春

気仙フェア 2014春


名 称

気仙フェア2014春

日 時

2014年412日(土)、13(日)  11:30-18:30 

※飲食ブース11:30〜17:30/物産ブース12:30〜18:30

出店内容

大船渡市/気仙沼市/住田町/陸前高田市

場 所

下北沢北口駅前特設ブース

主催

しもきた商店街振興組合

後 援

世田谷区、世田谷区産業振興公社 申請中:大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市

協力

ぶらり下北沢、ぶらり気仙

問合先

担当:鍛治川直広(かじかわなおひろ) tel:03-6320-0346 |

e-mail:お問合せフォーム

2014年2月のイベントの様子


イベント概要

飲⾷食ブース: 11:30〜~17:30


1) 広⽥湾ピイロタ牡蠣とメカブの焼きそば
2) 広⽥湾雪解け牡蠣の蒸し  
3) 広⽥湾牡蠣とワカメ丼
4) 広⽥湾ピイロタ牡蠣の野菜炒め
5) ⼤船渡産秋⼑のチヂミ など


物販ブース: 12:30〜~18:30


1) 塩蔵わかめ
2) 米崎りんご(ジュース)
3) ご当地菓⼦
4) ご当地雑貨
5) 牡蠣や蛸の加⼯工品
6) 野菜やお⽶など農産物 など約60種類

広域気仙エリアの情報

本イベントの開催に協力してくださった広域気仙エリアの情報サイト"ぶらり気仙"さんでは、イベント出展者の詳細情報なども発信されています。


広域気仙エリア情報サイト
http://www.burari-kesen.com/http://www.burari-kesen.com/

イベント内容

1.ダブルで幻の広田湾牡蠣が下北沢に登場!

世界三大漁場と賞され、豊富な海産物がとれることで有名な三陸沖・陸前高田市広田湾。
一般での認知度は低いものの、味の品質が高いことから築地市場での評価も高く、水揚げされた牡蠣は、料亭や高級レストランなどにまわり、一般の方が食べることはなかなかできません。
さらに今回は、漁師がオススメする旬の時期である春の牡蠣。通常はこの時期は市場が取扱いをやめているため、市場に回ることは殆どなく、その味を知る漁師がこっそり食べていたのですが、今回はダブルで幻の牡蠣が下北沢に登場します。

2.牡蠣漁師、気仙住民が下北沢に登場!

広田湾広田町の村上覚政(39)、米崎町の佐々木学(30)の若き牡蠣漁師にわかめ漁師など、陸前高田市や大船渡市、住田町の地元住民が下北沢に来て、イベントを盛り上げます。
生産者と下北沢の地域住民、そして来街者が互いに顔を合わせて、ふれ合うことができ、六次産業化につながるイベントとなっております。


3.食&物産ブースが北口駅前に登場!

北口をおりるとすぐに設置された特設ブースでは、都心ではまず食べられない気仙食材を使った屋台や物産ブースがならびます。
1) 広⽥湾ピイロタ牡蠣とメカブの焼きそば 2) 広⽥湾雪解け牡蠣の蒸し 3) 広⽥湾牡蠣とワカメ丼 4) 広⽥湾ピイロタ牡蠣の野菜炒め 5) ⼤船渡産秋⼑のチヂミ など


4.牡蠣の無料ふるまい

幻の広田湾牡蠣とこの時期だけのわかめしゃぶしゃぶを無料提供!(4/12,13両日)
1)14:30&16:00 殻付き牡蠣(各回50個)
※各回無くなり次第終了


■ 4/17(木)陸前高田市立第一中学校 第3学年 ミニコンサート

4/17(木)陸前高田市立第一中学校 第3学年 ミニコンサート
気仙フェア開催翌週の4/17(木)には当商店街が開催する気仙フェアにいつも出店下さる陸前高田市から第一中学校の生徒が当商店街に来て下さり、ミニコンサートを開催してくださいます。4/17(木)15時〜、下北沢駅北口前のしもきたスクエアにて行なわれます。

イベント開催の経緯

しもきた商店街と広域気仙エリアのつながり

1
11
広域気仙エリアは宮城県気仙沼市、岩手県大船渡市、住田町、陸前高田市を含めたエリアです。(気仙地域というと現地では大船渡市、住田町、陸前高田市を指します)
 2011年3月11日におきた東日本大震災では1700名を越える死者、行方不明者が出た全国でも被害が最も大きかった陸前高田市へ当商店街では2011年7月に開催された"下北沢大学2010夏期講座" を通じて、皆さまからご協力頂いた募金で図書を購入し、岩手県陸前高田市にある長部小学校へ届けてまいりました。



東日本大震災から約3年が経とうとしている今日において、被害にあった大船渡市、気仙沼市、陸前高田市の状況としては、多くの人々はまだ仮設住宅で生活し、様々な事情により復興という意味では、なかなか思うように進んでいない、というように感じております。
 また東日本大震災の風化は急速に進み、東北沿岸部への関心は薄れていく一方で、人口は減少を続け、今後、地域の衰退が予想されます。

1

大船渡市にある仮設商店街(おおふなと夢商店街)

__
2

気仙沼市:共徳丸(2013年10月解体作業終了)

__
3

陸前高田市:津波を耐え抜いた一本松。




気仙フェア in 下北沢大学2013

2013年11月の気仙フェアin下北沢大学2013秋の様子

3

2013年2月の陸前高田フェアの様子



そこで当商店街では現地の事業者と連携し、従来のような復興支援ではなく、世界三大漁場と賞される上質の海産物をはじめ、現地の農作物などの商品、観光名所などを知って頂き、結果として現地の漁師や農家の方々、そして地域が活性化するお手伝いができれば、と考えました。
いわゆる六次産業化、そしてグリーンツーリズムのような自然体験型の観光です。

2013年2月には しもきた天狗陸前高田フェア with 下北沢大学を開催し、このたび東京都商店街グランプリを獲得した下北沢大学の2013秋では、最初のつながりである陸前高田市、そして隣接する大船渡市、気仙沼市、住田町と、その交流エリアを広げ、より多くの方に優れた商品をお試し頂く機会を提供すべき、 気仙フェア in 下北沢大学2013を開催させて頂きました。

三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬
__ __
三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬
__ __
三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬

その後も2013年12月には三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬、2014年2月には気仙フェア2014 in しもきた天狗まつりを開催させて頂くことができました。

イベント開催の経緯


しもきた商店街と広域気仙エリアのつながり

1
11
広域気仙エリアは宮城県気仙沼市、岩手県大船渡市、住田町、陸前高田市を含めたエリアです。(気仙地域というと現地では大船渡市、住田町、陸前高田市を指します)
 2011年3月11日におきた東日本大震災では1700名を越える死者、行方不明者が出た全国でも被害が最も大きかった陸前高田市へ当商店街では2011年7月に開催された"下北沢大学2010夏期講座" を通じて、皆さまからご協力頂いた募金で図書を購入し、岩手県陸前高田市にある長部小学校へ届けてまいりました。

 
 

東日本大震災から約3年が経とうとしている今日において、被害にあった大船渡市、気仙沼市、陸前高田市の状況としては、多くの人々はまだ仮設住宅で生活し、様々な事情により復興という意味では、なかなか思うように進んでいない、というように感じております。
 また東日本大震災の風化は急速に進み、東北沿岸部への関心は薄れていく一方で、人口は減少を続け、今後、地域の衰退が予想されます。
 

1

大船渡市にある仮設商店街(おおふなと夢商店街)

__
2

気仙沼市:共徳丸(2013年10月解体作業終了)

__
3

陸前高田市:津波を耐え抜いた一本松。


 
気仙フェア in 下北沢大学2013

2013年11月の気仙フェアin下北沢大学2013秋の様子

3

2013年2月の陸前高田フェアの様子


 
そこで当商店街では現地の事業者と連携し、従来のような復興支援ではなく、世界三大漁場と賞される上質の海産物をはじめ、現地の農作物などの商品、観光名所などを知って頂き、結果として現地の漁師や農家の方々、そして地域が活性化するお手伝いができれば、と考えました。
いわゆる六次産業化、そしてグリーンツーリズムのような自然体験型の観光です。
 
2013年2月には しもきた天狗陸前高田フェア with 下北沢大学を開催し、このたび東京都商店街グランプリを獲得した下北沢大学の2013秋では、最初のつながりである陸前高田市、そして隣接する大船渡市、気仙沼市、住田町と、その交流エリアを広げ、より多くの方に優れた商品をお試し頂く機会を提供すべき、 気仙フェア in 下北沢大学2013を開催させて頂きました。
 
三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬
____
三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬
____
三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬

その後も継続してイベントを開催させて頂いております。
 

下北沢でこれまでに開催された気仙エリアの関連イベント

2013.02(第1回)

しもきた天狗陸前高田フェア with 下北沢大学

2013.11(第2回)

気仙フェア in 下北沢大学2013

2013.12(第3回)

三陸・広田湾牡蠣フェア2013冬

2014.02(第4回)

気仙フェア2014 in しもきた天狗まつり

2014.04(第5回)

気仙フェア2014春

2014.10(第6回)

気仙フェア2014秋

2014.12(第7回)

気仙フェア2014冬

2015.2(第8回)

気仙フェア2015.1st(第8回)

2015.4(第9回)

気仙フェア2015春(第9回)

2015.10(第10回)

気仙フェア2015秋(第10回)

2015.12(第11回)

気仙フェア2015冬

2016.2(第12回)

気仙フェア 2016.1st(第12回)

2016.3(第13回)

気仙フェア2016春

2016.11(第14回)

気仙フェア2016秋

2016.12(第15回)

気仙フェア2016冬

2017.2(第16回)

気仙フェア2017.1st

2017.4(第17回)

気仙フェア2017春

2017.11(第18回)

気仙フェア2017秋

2018.2(第19回)

気仙フェア2018.1.st

2018.04(第20回)

気仙フェア2018春

2018.11(第21回)

気仙フェア2018秋(第21回)

2019.01(第22回)

気仙フェア2019.1st(第22回)

2019.04(第23回)

気仙フェア2019春(第23回)

2019.11(第24回)

気仙フェア2019春(第23回)